☆きもの衣裳敷☆

こんにちは。今日は七夕ですね♪

朝から降っていた雨も止み、天気も回復傾向かなぁ~と思うのですが、天の川は見れるか微妙な空模様ですね。

七夕と言えば、織姫と彦星ですが、織姫は機を織って神様たちの着物を作る仕事をしていましたので、同じお着物にたずさわる者として応援したくなります☆

 

本日は、大切なお着物の出し入れや着付けの時にお使いいただきたい衣裳敷和紙をご紹介したいと思います。

衣裳敷和紙はお着物を汚さず、お召し替えやお稽古ごとの時々で役立ち、お着物や帯をたたむ時にも敷いて、その上で作業していただくと、ほこりやゴミがつかずにたためます。

お一つご用意しといていただくと重宝すると思いますよ☆

 

=お問い合わせ先=

きもの りんか オーストリート店

紀の川市下井阪597

0736-77-6633

 

 

泉南市、阪南市、泉佐野市

熊取町、きものクリーニング

お問い合わせください

 

     阪南市

阪南の呉服なら何でもりんかに任せて安心
成人式振袖は和歌山阪南のりんかで安心

COPYRIGHT(C)kyoto-koumu ALL RIGHTS RESERVED